なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  一戸建ての外観になまこ壁を施工するなら「漆喰」と「タイル」どっち?

なまこ壁アイデア集

一戸建ての外観になまこ壁を施工するなら「漆喰」と「タイル」どっち?

夢の一戸建て。

せっかく建てるとなれば、内装はもちろん外装にもこだわりたいですよね。

 

そこでオススメしたいのがなまこ壁「蔵」です。

なまこ壁というとベテランの職人が手作業で施工するので、時間もコストもかかるというイメージがあるかもしれません。

 

しかしなまこ壁「蔵」を建材として使えばリーズナブルに、そして従来よりもスピーディに施工することが可能となります。

今回はなまこ壁「蔵」を建材として使うメリットや魅力についてご紹介いたします。

 

従来のなまこ壁となまこ壁「蔵」の違いとメリットとは?

 

昔ながらの漆喰を使ったなまこ壁と新建材である、タイル化したなまこ壁「蔵」。

仕上がりの見た目は似ていても、工程や建材、コストの面においても大きな違いがあります。

 

具体的な違いは、3つです。

 

1,漆喰

左官職人が一つずつ手業で平瓦を貼り、継ぎ目に漆喰をコテでかまぼこ型に盛り付けて

塗る施工方法。熟練の技術や職人の数が必要になります。

 

2,なまこ壁「蔵」
磁気タイルとかまぼこ型に形成されたパーツに分かれており、

タイル貼り工法で施工します。地域の工務店で、少人数での施工が可能です。

 

3,それぞれのメリット

なまこ壁「蔵」を建材」として使うことによって、従来の工法よりリーズナブルになり

工期が短縮されました。しかも仕上がりの美しさは変わりません。

 

なまこ壁「蔵」は耐久性や耐食性に優れている上に伝統的な工法より簡単に

施工できるので、リノベーションなどに取り入れやすいのもメリットの一つです。

 

仮に損壊したとしてもパーツを取り替えるだけなので、修理が簡単なのも魅力的ですね。

 

一戸建てになまこ壁「蔵」を取り入れる魅力とは?

 

まず見た目が美しく、高級感があります。

モノトーンの格子模様は洋風の建物にもマッチするので、和と洋の良いところを

取り入れたデザインを両方楽しむことができますよ!

 

なまこ壁「蔵」は外装だけではなく、内装にも使えます。

家の外観を変えたく無い場合などは、室内のアクセントとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

モルタルやブロックなど、施工する壁面の素材はほぼどんなものにも使用可能です。

DIYで自分好みの和モダンなお部屋が実現できるのは魅力的でしょう。

 

そのほかにも防水性や防火性など機能的にも優れている点や、

落ち着きのある独特の雰囲気も魅力の一つと言えます。

 

なまこ壁「蔵」と従来のなまこ壁!どっちの建材の方が長持ちする?

 

明治時代に施工されたなまこ壁は、修繕を行うことで長持ちしています。

一方、タイル化したなまこ壁「蔵」は、建材であるタイルの寿命が40~50年と言われています。

 

また、従来の漆喰を用いたなまこ壁に比べ、タイルの一部を修理することも可能です。

どちらが長持ちするかは、環境や手入れなどの方法により変わってくるでしょう。

 

まとめ

 

伝統的ななまこ壁の施行方法では、維持費も高額になる恐れがありますが、タイル化したなまこ壁「蔵」であれば、技術職人でなくてもできるため、スピーディーに修繕も可能となります。

新築やリノベーションを考えている方は、ぜひマイホームになまこ壁「蔵」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2022 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.