なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁とは

なまこ壁とは

なまこ壁

なまこ壁というと、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、蔵の黒と白の幾何学模様というとピンとくる方も多いことでしょう。この壁の工法を、なまこ壁と呼んでいます。
なまこ壁は壁面に平瓦を並べて貼り、「目地」と呼ばれるその継ぎ目の部分に漆喰をかまぼこ型に高く盛り上げて塗る左官工法です。
なまこ壁という名前は、この盛り上がった漆喰の形状が海に住む海鼠(なまこ)に似ているから名づけられたと言われています。
このなまこ壁は、風雨から建物を守るため、そして、火災の延焼を防ぐという目的もありました。雨に弱い土壁の表面に、防湿のために平瓦を並べて貼り、その目地を漆喰で厚く塗ることで耐久性も高まり、長い年月の風雨に耐える造りになっています。
このなまこ壁は江戸時代の武家屋敷に始まり、土蔵や城郭、築地塀などに使われ、現在でも史跡などで目にすることができます。
全国各地で見られるなまこ壁ですが、地域によってデザインは異なり、瓦の並べ方も最も良くみられる四半張りから、芋張り、馬張りなど、様々なスタイルを見ることができます。
いずれの場合も、なまこ壁の貼られた建物は、高級感や独特の存在感を醸し出しています。もともと武家屋敷に始まったこともあるせいか、堅牢であり、見るものを圧倒する存在感や重厚感を感じさせます。
その外観だけでなく、防水や耐久性といった機能性も持ち合わせたなまこ壁。
先人より受け継がれてきたこの意匠は、美しくも機能的であり、最近では店舗や邸宅、蔵の外壁に取り入れる方が増えています。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お見積り依頼

© 2017 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.