なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  個人経営の魚屋さんは、なまこ壁で広告効果もアップ

なまこ壁アイデア集

個人経営の魚屋さんは、なまこ壁で広告効果もアップ

商店街や市場、観光地など至るところに魚屋さんはあります。
スーパーなどにも鮮魚コーナーはありますが、
新鮮で旬の魚が欲しい!と思ったときには、
地域にある魚屋さんに出向く人も多いようです。
 
そのため、個人経営の魚屋さんにとっては、
通ってきてくれる常連客をがっちりとつかむことが、
商売繁盛のためのポイントと言えるでしょう。
 
そこで、魚屋さんのさらなる認知度アップをねらって、
店舗デザインになまこ壁を取り入れてみてはいかがでしょうか。
魚屋さんがなまこ壁を施工するメリットをお伝えします。
 
 
■インパクト抜群のなまこ壁
 
個人経営の魚屋さんが経営を安定させるためには、
多くの人にお店の存在を認知してもらう必要があります。
 
普段行くスーパーで魚介類を豊富に取り扱っていれば、
街の魚屋さんが目に入る機会は少なくなります。
 
「新鮮さ」「店主とのコミュニケーション」「きめ細やかなサービス」など、
個人商店ならではの良さはたくさんあるのです。
 
まず、それらを知ってもらえるよう、
来店客を促進するための工夫を行う必要があるといえます。
 
そこでオススメなのが、店舗の外観デザインを一新する方法です。
インパクトのある外観は、それだけで街行く人の注目を集めます。
 
とはいえ、ただ単に外観を派手にすれば良いというわけではありません。
魚屋さんらしい雰囲気を大切にしながら、
良い意味で注目を集められるデザインを採用する必要があるのです。
 
なまこ壁は、インパクトのあるデザインでありながら、
日本の伝統的な雰囲気を感じさせてくれます。
街の魚屋さんにとって、ピッタリなデザインであると言えます。
 
 
■「なまこ壁の魚屋さん」として、アピール可能
 
個人経営の魚屋さんにとって、まだ来店したことがないお客様に、
店の存在をどう知ってもらうのかが非常に重要な課題となります。
 
大手スーパーであれば、大々的に広告を打つという方法がありますが、
個人経営の場合は、広告宣伝費は限られています。
ここで注目したいのが、ずばり口コミです。
一度でも来店してもらった方から、周囲の人にすすめてもらいましょう。
 
その場合、「なまこ壁の魚屋さん」というフレーズは、
非常に覚えやすく、インパクトのあるものとなります。
 
店は知っていても、入ったことがなかったという人にとっても、
「あぁ、あそこのお店ね!」と認識しやすくなります。
「なまこ壁」が目印の役割を果たしてくれるのです。
 
大手のような広告費をかけなくても、
お店の存在を、地域の人々に知ってもらえることでしょう。
 
 
■まとめ
 
今回は、個人経営の魚屋さんになまこ壁施工を提案させていただきました。
インパクトのあるデザインだからこそ、小規模店でも魅力的に仕上げられます。
 
日本の伝統的ななまこ壁なら、
街並みにもしっくりとけ込んで、趣のある雰囲気を醸し出します。
 
伝統的かつインパクトのある壁で、
お店の認知度をアップさせてみてはいかがでしょうか。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2019 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.