なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  リサイクルショップ+なまこ壁で、イメージをプラスに変えてみよう! 

なまこ壁アイデア集

リサイクルショップ+なまこ壁で、イメージをプラスに変えてみよう! 

家の中で何か不用品が出たとき、
必要な物を安く買いたい!と思ったとき、
便利に使えるのがリサイクルショップです。
 
少し前までの「ごちゃごちゃとした何でも屋さん」
といったイメージを持つ方は少なくなり、
「掘り出し物が見つかるかも」という
ポジティブな印象を抱く方も増えてきています。
 
これが、「不用品を売る場所」としても「必需品を買う場所」としても、
多くの人に受け入れられている理由なのでしょう。
 
今回は、そんなリサイクルショップの外観に「なまこ壁」を採用するメリットについて、
紹介していきます。
 
まずは魅力的なリサイクルショップを作るためのポイントについて
おさらいしてみましょう。
 
特に重視したいポイントは、以下の3つです。
 
1.商品の品ぞろえを充実させる
2.スタッフの知識を高める
3.店舗デザインに工夫を凝らす
 
まず大切なのは、商品の品ぞろえを充実させることです。
 
リサイクルショップの仕入れ方法は、主に「買い取り」。
質の高い商品を多数仕入れるためには、
必要な知識を身につけたスタッフが必要です。
 
「いつ行っても魅力的な商品が並んでいる」
「商品の価値を適切に見抜き、思ったよりも高く買取してくれた」など、
お客様の満足感を高めることができれば、
自然と利用客の数は増えていくことでしょう。
 
さて、問題は最後の一つ、「店舗デザイン」についてです。
 
リサイクルショップに対して、抵抗を抱く方は少なくなっているとはいえ、
まだまだ「古ぼけたものを扱っているお店」という、
マイナスイメージを抱く方もいます。
 
もし店舗デザインが、「古ぼけていて清潔感のない雰囲気」であったとしたら……
こうしたお客様をますます遠ざけてしまうことになります。
 
しかしお店のデザインに工夫を凝らし、
興味・関心を抱いてもらえるように工夫をすれば、
「中古品屋と思って敬遠していたけれど、意外と居心地が良い」
なんて思ってもらえる可能性も高まるでしょう。
 
ここで登場するのが、なまこ壁です。白と黒のモノトーンは、
見る人に落ち着いた印象を与えてくれます。
 
そしてなまこ壁ならではの趣のあるデザインが、
個性を演出してくれることでしょう。
 
またなまこ壁に対して、「古い時代のものだけど、良いもの」
というプラスのイメージを抱く方は多いもの。
 
これはそのまま、
リサイクルショップのコンセプトにも通じる考え方と言えるでしょう。
 
店舗デザインに工夫を凝らす際に、
ネックになりやすいのが「費用」や「店舗デザインの作り方」についてです。
 
タイル貼り工法で作るなまこ壁の「蔵」であれば、
費用は抑えられて、非常に効果的なリフォームを行うことができます。
 
またパターン通りに貼り付けるだけでインパクトがありますから、
店舗デザインの作り方に悩むこともありません。
 
なまこ壁が持つプラスのイメージを、
ぜひ業務内容のサポートに活用してみてはいかがでしょうか。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2019 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.