なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  なまこ壁のタイ焼き屋さんで、客数アップを目指しましょう

なまこ壁アイデア集

なまこ壁のタイ焼き屋さんで、客数アップを目指しましょう

街中で手軽に食べられるテイクアウトフードにも、
その時々でトレンドがあるものです。
 
次から次へと目新しいグルメが登場しますから、
いざこの業界で勝ち抜こうと思ったときには、
かなりの覚悟が必要となるのかもしれませんね。
 
こうした環境の中、やはり有利になるのが
「流行だけに流されず、独自のスタイルを貫いている食べ物」
だと言えます。
 
そこで日本人にとって、馴染みのあるテイクアウトフードといえば、
ずばり「タイ焼き」です。
 
魚の形がかたどられたパリパリふわふわの皮に、
たっぷりと詰まったあんこ!
 
特に寒い時期には、「つい恋しくなってしまう!」
なんて方も多いのではないでしょうか。
 
今回は、そんな街のタイ焼き屋さんに、
なまこ壁を施工するメリットについて紹介します。
 
タイ焼き屋さんといえば、
「小規模な店舗で開業できる」という特徴があります。
 
タイ焼きを購入するお客さまのほとんどは、
購入したらすぐにその場を離れるもの。
 
特別大きなスペースがなくても、
キッチンスペースと販売スペースさえ用意できれば、
それで十分です。
 
広いスペースが必要になれば、
その分だけ費用もかさむことになりますから、
省スペースで済むということは非常に大きなメリットとなるでしょう。
 
一方では、デメリットもあります。
 
店舗が小さくて済むということは、
周辺の環境に埋もれてしまいやすいということでもあります。
 
大きな通りに面していればまだ良いのですが、
そうではない場合、「まずお店の存在を認知してもらう」
という段階で、困難に直面してしまう可能性があります。
 
そこでご提案したいのが、なまこ壁です。
 
古い壁面などに使われてきたなまこ壁は、
黒と白の模様が印象的なデザインとなっています。
 
街中ではあまり見かけないデザインなので、
「自然と目につく」ものなのですね。
 
模様そのものは、非常にシンプルなものなのですが、
心に残るインパクトがあります。
 
チラシや店舗前ののぼり旗、お持ち帰り用の紙袋など、
さまざまなポイントにデザインとして採用することで、
「あそこのタイ焼き屋さんのシンボル」として、
認知してもらうこともできそうですね。
 
タイ焼きの特徴は、いつでも手軽に食べられることで、街中で見かけた店舗に、
ついフラッと入りやすくなる方も多いのではないでしょうか。
 
タイ焼き屋の店舗デザインを決定する際には、
ぜひこんな特徴にも目を向けて決定すると良いでしょう。
 
なまこ壁デザインで「自然に目に入ってくるタイ焼き屋さん」を目指すことで、
「よし、買っちゃおう!」と思うお客さんも、数多く呼び込めそうですね。
 
タイル貼り工法で作るなまこ壁であれば、
限られたスペースにも無駄なく施工可能です。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2019 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.