なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  子ども食堂のリフォームは、多くの人から愛されるなまこ壁で

なまこ壁アイデア集

子ども食堂のリフォームは、多くの人から愛されるなまこ壁で

近年増加しているのが、「子ども食堂」の取り組みです。
 
さまざまな事情から家で満足な食事がとれない子どもに向けて、
無料もしくは格安にて、食事の提供が行われています。
 
両親が仕事で留守にしていることが多いご家庭や、
兄弟姉妹が多く落ち着いて食事がとれない子どもたち、
そして居場所を求める子どもたちにとって、
非常に大切な場所になってきていますよね。
 
こうした事情がなくても、「誰でも来たいときに来てOK」とする食堂もあり、
子どもたちの食事環境を、社会全体で守っていこうとする姿勢が伝わってきます。
 
さて、こんな子ども食堂は、
無料もしくは非常に安価で食事を提供することを目的としていますから、
「コストカット」が非常に重要なポイントとなっています。
 
食材の調達は寄付や補助金に頼ったり、
食事を作る人はボランティアを募ったりと、
さまざまな工夫の元で成り立っています。
 
「どこで子ども食堂を行うのか」という場所の問題を解決するのも、
決して簡単なことではありません。
 
とはいえ「子ども食堂の場所」は、
子どもにとって気軽に足が向く場所であることが、理想的です。
 
地域の子どもたちにとって身近な場所であり、
なおかつ周囲から見てわかりやすい目印があると、なお良いでしょう。
 
低コストでもインパクトのあるリフォームを行う方法として、
オススメなのが「なまこ壁」です。
 
タイル貼り工法で実現したなまこ壁「蔵」は、
従来のなまこ壁とは違い、非常に安価に施工が可能です。
 
タイル貼りをすることができれば、
リフォームが必要な壁もあっという間に美しく整えることができます。
 
黒と白を基調としたなまこ壁であれば、インパクトのあるデザインですが、
「周辺環境から悪目立ちしてしまう」ということもありません。
 
昔ながらの和の雰囲気で、子どもから老人まで、
地域の人々にとって親しみやすいイメージに仕上がるでしょう。
 
「昔のおばあちゃんの家に孫が遊びに来るような感覚」で、
子ども食堂を利用してもらえるのではないでしょうか。
 
タイル貼り工法で作るなまこ壁「蔵」の良いところは、
「限られた面積のみでも施工できる」ということです。
 
リフォームの予算に合わせて、導入面積を限定することで、
予算調整をすることが可能です。
 
たとえ省スペースであっても、
なまこ壁が持つインパクトは非常に大きなものとなります。
 
たとえば玄関周辺に施工するだけでも、
建物の雰囲気をガラリと変えることができるでしょう。
 
老朽化が進んだ建物をより長く活用していくためには、
適切に手を加えることも重要なポイントとなります。
 
なまこ壁リフォームであれば、デザイン性も追求できます。
 
子どもたちにも周辺住民にも愛される「シンボル」として、
ぜひ子ども食堂になまこ壁を導入してみてはいかがでしょうか。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2019 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.