なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  屋根裏スペースになまこ壁で、お気に入り空間を作ろう

なまこ壁アイデア集

屋根裏スペースになまこ壁で、お気に入り空間を作ろう

限りがある住宅スペースの中を最大限活用するために、
「屋根裏スペース」を活用する方が増えてきています。

 

収納スペースとして利用するケースもあれば、
ロフトのようにオシャレに活用する方もいます。

 

またシアタールームや趣味の部屋のように、新たな役割を与える方も多いもの。

 

家族だけで楽しむ秘密基地のような感覚で、
お気に入りの時間を過ごすことができそうですね。

 

「実用的でありながらも、特別な意味を持つ空間」だからこそ、
ぜひ屋根裏部屋の壁面に「なまこ壁」を施工してみてはいかがでしょうか。

 

なまこ壁といえば、古い塀や昔の蔵などの
外壁に使われているところをイメージする方も多いことでしょう。

 

昔のなまこ壁は、高い機能性もあり、さまざまな場所で活用されてきました。

 

時代は変わり、今、なまこ壁を施工できる職人さんの数が減ったことで、
「なまこ壁=高級品」というイメージも浸透しています。

 

また古い時代から残るなまこ壁の中には、
「観光地」として新たな役割を与えられているところも少なくありません。

 

そんななまこ壁ですが、高級感のあるイメージを重視して、
近年は「住宅や店舗の内装」に取り入れる方も増えてきています。

 

そこでオススメなのが、
住宅の屋根裏部屋の内装になまこ壁を取り入れるというものです。

 

高級感を持ちながらも、日本の伝統的な雰囲気を楽しませてくれるなまこ壁は、
「物置部屋」にも意外としっくりと馴染んでくれることでしょう。

 

「わざわざ自宅の屋根部屋をなまこ壁にしなくても……」
と考える方も多いかと思いますが、
「家族だけが使う屋根裏部屋だからこそ、
自分たちらしいこだわりを思う存分詰め込める」と考えることもできるでしょう。

 

周囲からの視線を気にせず、なまこ壁で、思う存分和の雰囲気を楽しむのもオススメです。

 

専門の職人さんを呼んでなまこ壁を施工しようと思うと、
非常に高価になってしまいますが、
タイル貼り工法でなまこ壁を作れる商品「蔵」であれば、
施工費はかなり抑えられます。

 

専門の職人さんではなくても、タイルを貼ることができる職人さんであれば、
誰でも手軽になまこ壁を作ることができますから、自宅にも採用しやすいでしょう。

 

タイル貼り工法で作るなまこ壁「蔵」は、
新築時に施工することももちろん可能ですが、
リフォームで後から対応することも可能です。

 

「最初はシンプルで良いと思っていたけれど……
殺風景で飽きてしまった屋根裏部屋をなんとかしたい!」と思ったときにも、
「蔵」を使えば好みの雰囲気に仕上げやすくなります。

 

壁全体ではなく、一面だけに施工すれば、
近年人気のアクセントウォールのようにも楽しめます。

 

古い時代を身近に感じられるような空間の中で、
自分たちらしい生活を楽しめそうですね。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2018 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.