なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  地域の要所「消防署」は、なまこ壁で注目度アップ!

なまこ壁アイデア集

地域の要所「消防署」は、なまこ壁で注目度アップ!

地域の安全を守る役割を担っているのが、消防署です。

 

どんな場所にもあり、市民からの通報に対して、
24時間体制で対応してくれます。

 

火事が起きたときでもすぐに対処できるのは、
日本の消防システムがきちんと働いているからなのでしょう。

 

さて、そんな消防署は、「地域のシンボル」と言っても過言ではありません。
幼稚園や小学校に通う時期には、社会科見学の一環として、
地域の消防署に見学に出かけるような機会も多いことでしょう。

 

より親しみを抱ける場所へと変身させるため、
消防署の外壁になまこ壁を施工してみてはいかがでしょうか。

 

遠くからでも目立ちやすいなまこ壁は、
地域のシンボルでもある消防署にピッタリのデザインです。

 

消防署のデザインを分かりやすくすることで、
近隣の方々への配慮をお願いすることにもつながります。

 

「ここは消防署だから、いつ消防車や救急車が発進するかわからない」
という意識が備わっていれば、より素早く、
そして安全に緊急出動することが可能となるでしょう。

 

またなまこ壁のデザインは、日本の古い時代を思い起こさせるもの。
江戸時代に活躍した「火消し」に通じるものもあり、
周辺住民の方々にも受け入れられやすいのではないでしょうか。

 

また白と黒のシンプルなデザインは、赤い消防車との相性も抜群です。
センスの良い消防署へと生まれ変わることでしょう。

 

さて、消防署になまこ壁を施工する際には、
もちろん「本物」を施工するのも良いでしょう。

 

しかし伝統技法でなまこ壁を作ろうとすると、
手間もコストも非常にかかってしまいます。

 

工事に不具合が生じてしまう、
工期の都合がつかない……なんてことにもなりかねません。

 

だからこそ、活用していただきたいのが
タイル貼り工法でなまこ壁を実現した画期的な商品「蔵」です。

 

「蔵」では、なまこ壁デザインをいくつかのタイルパーツに分けることで、
どこでも簡単に再現できるよう、工夫しています。

 

タイル貼り工法で作るなまこ壁「蔵」であれば、
消防署の既存の壁を利用して、
「上からなまこ壁パーツを貼り付けてリフォームする」
ということも可能です。

 

わずかなコストと手間で、
消防署全体の雰囲気をガラリと変えることができるでしょう。

 

古い時代から活用されてきた消防署の中には、
そろそろリフォームが必要な施設も増えてきています。

 

重要なのは、大切な仕事に取り組む上で使い勝手が良いこと、
そして地域の要所として、周辺住民の方々にも認識されやすいことです。

 

タイル貼り工法で作るなまこ壁であれば、
どちらのポイントもクリアできますから、ぜひご検討ください。

 

一部分のみに施工するだけでも、消防署全体の雰囲気を、ぐっと引き締められますよ。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2018 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.