なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  なまこ壁外観で宣伝力アップ!競争が激しい「学習塾」にもオススメ

なまこ壁アイデア集

なまこ壁外観で宣伝力アップ!競争が激しい「学習塾」にもオススメ

日本人の心をときめかせるのが、伝統的な「なまこ壁」です。

 

非常に個性的なデザインですが、
周辺の空間から「なぜか浮かない」という特徴を持っています。

 

上手に活用することで、「地域のシンボル」
としての役割を担うこともできるでしょう。

 

タイル貼り工法でなまこ壁を実現できる、
画期的な商品「蔵」であれば、いつでもどこでもなまこ壁を作り出せます。

 

さて問題は「どこになまこ壁を施工するのか」という点ですが、
今回オススメするのは「学習塾」です。

 

少子化の時代にあって、ますます激化しているのが学習塾同士の競争です。
学習塾では、まず生徒を集めなければ話が前へと進みません。

 

地方の小さな町にも大手の進学塾が多数あるような時代ですから、
昔ながらの個人経営の塾というのは、
非常に厳しい時代を迎えていると言えるでしょう。

 

生徒に対して、真摯に向き合う姿勢は大切。
授業を担当する講師の質を高めることも、もちろん重要。

 

しかしそれだけでは、
「大手の集客力に勝てない」と感じることも多いはずです。

 

大手は、大手ならではの資本力を活かし、
テレビコマーシャルや新聞広告でのアピールも多く行っているからです。

 

地域の個人経営塾が、大手と同じ手法で戦おうとするのは難しいこと。
無理に真似をしても、宣伝費用がそのほかの費用を圧迫してしまうでしょう。

 

ここはひとつ、個人塾ならではの新たな手法で、
「地域の中心」としての存在感を示してみてください。

 

ここで活躍してくれるのが、「なまこ壁」です。

 

多くの生徒が集まる塾の「外観」は、周囲に対する立派なアピールになります。
子どもが目にする場所でもあり、送迎する親御さんが目にする場所でもあります。
さらに近隣住民の方にとっては、「毎日目にする場所」と言って良いでしょう。

 

ごく一般的な外観では、周辺の住宅街に埋没してしまう可能性があります。
ここで「なまこ壁」を採用すれば、一気に注目度が高まることでしょう。

 

保護者同士の会話でも、
「どこの塾へ通っているの?」
「○○塾だよ。ほらあの黒と白のなまこ壁の……」
なんて定番化するのかもしれませんね。

 

「あぁ、あそこなんだ!」と思えると、
ただそれだけで一気に親近感が高まるもの。

 

見学だけでも行ってみようかな、
という気持ちになってくれるかもしれません。

 

なまこ壁を導入する際に、問題になりやすいのがコストについてです。

 

専門の職人が施工してきた従来のなまこ壁のイメージから、
「魅力はあっても高いのでは?」と不安を感じる方も多いのかもしれません。

 

しかしタイル貼り工法で実現したなまこ壁であれば、
非常に低コストで実現できます。

 

専門の職人の手を必要とせず、
通常の「タイル」と同様の方法で施工することが可能だからです。

 

もちろん、「職人の腕によって仕上がりに差が出る」
なんてこともありませんから、安心して施工できます。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2018 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.