なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  離れの建築になまこ壁はいかが? 母屋との一体感を出そう

なまこ壁アイデア集

離れの建築になまこ壁はいかが? 母屋との一体感を出そう

自宅が手狭になってきたときに、「離れ」を建築する方も多いものです。
自宅の中を片付けたり、リフォームをしたりするのも一つの方法。

 

とはいえ、「物理的に部屋数が足りない!」なんてときには、
「住居スペースを増やす」方が
手っ取り早い解決法であることも多いのではないでしょうか。
土地の広さに余裕がある場合には、「離れの建築」は非常に効率的な解決法と言えます。

 

さて、実際に離れを建築したときに、
「周囲からの目線」を気にする方も多いことでしょう。

 

母屋と切り離された「離れ」は、
建築時期が異なることや費用の面で限りがあることから、
母屋とのテイストが異なってしまいます。

 

「離れを建築で面積の問題は解決できたけれど、
なんとなく周囲から浮いてしまっている」と感じるのは、もったいないことです。
できればデザイン面でも、妥協はしたくありません。

 

こんなときにも、味方になってくれるのが「なまこ壁」です。
もともとの母屋が和風建築の場合、離れをなまこ壁にすることで、
和風のテイストで統一できます。

 

全体をなまこ壁にするのが不安なときには、
「壁の下半分」「玄関部分のアクセントとして」など、
離れの一部分のみに使うだけでも効果が期待できます。

 

また、母屋が純粋な「和風」と言えない場合には、
母屋の方にもなまこ壁を取り入れてみてください。

 

こちらも「目立つ一部分」のみに取り入れることで、
和モダンテイストの素敵な家に仕上がることでしょう。
同じくなまこ壁を使った離れとの一体感も抜群です。

 

なまこ壁の施工で気になるのが、「誰にどう依頼をするべきなのか」
「費用はどれぐらいかかるのか」という点です。

 

日本の伝統的ななまこ壁を作り出すためには、
これまで「熟練の職人による施工」が必要だとされてきました。
なまこ壁を施工できる職人の数は限られているからこそ、
「依頼先」や「費用」に問題が生じやすいというわけですね。

 

中津鋼材株式会社が開発したタイル貼り工法のなまこ壁「蔵」は、
なまこ壁をいくつかのパーツで再現しています。
タイルを貼るように、組み合わせて壁に施工することで、
どこでも手軽になまこ壁のデザインを取り入れることができます。

 

もちろん「離れと母屋の一部にのみ施工したい」なんて要望にも応えられます。

 

離れを建築する際には、
「できるだけ予算を抑えたい」なんて思う方も多いことでしょう。

 

ローコストで離れを建築した際に、
「外観の統一感を出すために、多額の費用を投じる」というのは難しいはずです。

 

タイル貼り工法のなまこ壁であれば、
限られた予算の中でも家全体を美しく見せるための工夫ができますから、
ぜひご活用ください。

 

「なまこ壁」に関して何か気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2018 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.