なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  モデルハウスになまこ壁を採用して、個性の演出に

なまこ壁アイデア集

モデルハウスになまこ壁を採用して、個性の演出に

各種住宅メーカーが、
お客さまへの訴求力を高めるために建築するのがモデルハウスです。

 

近年では大手ハウスメーカーだけではなく、
地元の工務店などでもモデルハウスを建築し、
アピールする企業が増えてきています。

 

注文住宅を作る場合には、
「すべてを一から、自分たちの好みに合わせて建築できる」
というメリットがありますが、
その一方で「出来上がったときのイメージがつかみづらい」
というデメリットもあります。

 

モデルハウスを通じて、
いかに「理想の住宅」や「等身大の生活」をイメージさせるのかによって、
成功率は変わってくるでしょう。

 

そんなモデルハウスですが、大きければ大きいほど良いというわけではありません。
全てのお客様が「大きな家」を欲しているわけではありませんし、
あまりに大きなモデルハウスを建築すると、
現実離れしていてイメージがつかめない……ということにもなりかねません。

 

とはいえ、周囲に埋没してしまうような
「ごくごく普通の家」にするのもオススメはできません。

 

こちらは、現実的な生活をイメージさせることはできても、
ときめきやワクワク感を抱かせるのは難しくなってしまうでしょう。

 

現実感と個性の両方を、バランスよく取り入れる必要があります。
こんなときにも「なまこ壁」を活用できます。

 

中津鋼材のなまこ壁「蔵」は、
タイル貼り工法でどこでも手軽になまこ壁を取り入れられるという特徴があります。
もちろん新築一戸建ての外壁材としてもオススメできます。

 

玄関周りや通りから目立ちやすい場所など、一部分のみでも採用することで、
「ほかのどこにもない特徴的な家」に仕上げることができます。

 

またモデルハウスの雰囲気を高めるためには、
各種外構工事との兼ね合いも重要なポイント。

 

コンパクトにまとまった家であっても、外構にインパクトがあれば、
その分お客さまの記憶には残りやすくなります。

 

クローズド外構の塀になまこ壁を施工すれば、「昔ながらの和の雰囲気」を演出できます。
なまこ壁といえば昔から城や邸宅の「蔵」に使われてきたという歴史がありますから、
「豪華なイメージ」を伝えやすくなるでしょう。

 

一方で、一歩内部へと足を踏み入れると、
そこには現実的な生活をイメージしやすい空間が広がっています。
両者のギャップで、宣伝効果も高まるはずです。

 

モデルハウスになまこ壁を採用しようとしたときには、
なまこ壁と相性の良い住宅の雰囲気について検討する必要があります。

 

昔ながらの純和風の建物にこだわっているメーカーはもちろん、
近代風の要素も取り入れた和モダンな住宅を得意とするメーカーにもオススメできます。

 

ごく普通の住宅を人気の「和モダン風」に見せることも、なまこ壁なら可能です。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2018 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.