なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社海鼠壁生子壁

なまこ壁ならタイル貼り工法で施工が簡単な中津鋼材株式会社トップページ  /  なまこ壁アイデア集  /  外壁はハードルが高い? こんなときには外構工事でなまこ壁を

なまこ壁アイデア集

外壁はハードルが高い? こんなときには外構工事でなまこ壁を

前回、新築一戸建ての外壁へのなまこ壁導入の紹介をさせていただきました。
とはいえ、店舗や蔵などになまこ壁が使われているのは見たことがあっても
「普通の家に使われているのを、見たことがない!」という方も、まだまだ多いのかもしれませんね。

 

こんな方にとっては、なまこ壁の雰囲気に惹かれてはいても
「一生に一度の買い物」であるマイホームに取り入れるのは、少々ハードルが高いものだといえるでしょう。

 

こんな方にオススメしたいのが、外構工事でなまこ壁を取り入れる方法です。
マイホームの雰囲気を決定づけるのは、何も家の外壁だけではありません。
外構工事とのバランスで、評価が下されることも多いものです。
外構工事なら、マイホームよりも冒険しやすいのではないでしょうか。

 

家自体がシンプルであれば、周囲をなまこ壁の塀で囲うことで、充分に和風の装いになります。
「クローズド外構」なら、伝統ある日本家屋の雰囲気を演出できそうですね。
まるで「お屋敷」のように感じられることでしょう。

 

また外構のスタイルを「オープン外構」にすれば、自然となまこ壁面積は狭くなります。
和の雰囲気が強すぎない、すてきな和モダン風に仕上がることでしょう。
門柱付近の壁に、少しだけなまこ壁を取り入れるのも良い方法です。
白と黒の独特な模様は、周囲のグリーンを美しく見せてくれそうですね。
家全体の高級感も高めてくれるはずですよ。

 

 

さて、なまこ壁を外構で取り入れようと思うときに、気になってしまうのがその費用についてです。
確かに、魅力的な外観の家を造るために、外構費用はある程度準備しておく必要があるでしょう。
とはいえ……「家づくり」の費用を使ったあと、さらに高額な外構費用を用意するのは、簡単なことではありません。

 

従来なまこ壁とは、左官職人によって、一つ一つ仕上げられていたものです。
壁面に平瓦を並べて貼り、その継ぎ目に漆喰を高く盛り上げて塗っていく……。

 

伝統的な左官工法の一つでもあり、当然、外構工事に取り入れるためには、それなりの費用がかかっておりました。
しかし弊社では、独自の製法と技術を用いて、なまこ壁をパーツ化し、タイル貼リ工法へと変化しました。
これにより、施工は簡単になり、さらに従来よりもリーズナブルになまこ壁を取り入れることができるようになっています。

 

なまこ壁の雰囲気、ほんの少しだけ「スパイス」として取り入れてみたい!
こんなときには、外構工事で挑戦しましょう。
きっと、周囲の家に差をつけた、個性的なデザインに仕上がるはずです。
工法を変えたからといって、見た目が安っぽいなんてことは全くございません。
見た目の雰囲気や質量感共に、「本物」にこだわったなまこ壁を、ぜひご検討ください。

なまこ(海鼠)壁のことなら何でもお気軽にお問合せください。個人のお客様も、工務店様からのご質問も受け付けております。

資料請求

お問い合わせ

© 2018 タイル貼り工法で施工が簡単な なまこ壁「蔵」の販売は中津鋼材株式会社. All rights reserved.